HP Notebook - 15-db0224au マイナー・ヒューレット・パッカードのノートパソコンの分解からSSDの換装まで - パソコン・スマホ部    
FC2ブログ

Welcome to my blog

Fuji Sparrow.
I started commuting
by Cross Bike.

自転車通勤とプア・オーディオなあれこれ

05
2019  15:14:38

HP Notebook - 15-db0224au マイナー・ヒューレット・パッカードのノートパソコンの分解からSSDの換装まで


ヨドバシさんの店頭で購入した、超絶に割高なヒューレット・パッカードのノートパソコン。

HP Notebook - 15-db0224au

Google検索で、キーワード ”HP Notebook - 15-db0224au” で検索しても何も出てきませんorz

直販モデルだったら、4~5万円レベルのPCを6.5万円も出してしまいました。


今回は、このマイナーなノートパソコンの改修・近代化計画です。


行うことは、たった一つです。

トロい 1TB のハードディスクをSSDに換装することです。


これだけで、かなりの高速化が図れると思っています。

メモリは8GBあるので、メモリは十分です。


まずは、ノートパソコンをシャットダウンして、ACアダプター・バッテリーを外します。


あれ??? バッテリーはどこ???

ノートパソコン裏側その1


ノートパソコン裏側その2


バッテリーの外し方について、Google先生は何も教えてくれないので、サポートに電話してみました。

サポ「このモデルはお客様ではバッテリーを外すことは出来ません。」


そうですかorz


では、ノートパソコンを分解して、内蔵のバッテリーを外しましょう。

ノートパソコン裏側のネジ


ノートパソコンの裏側の全てのネジを外します。

滑り止めのゴム?みたいなものも外して、その下側に隠れているネジも外します。


さあ、どこから分解できるのかな~

ノートパソコン分解始まり


ん~、どうも、このあたりから分解できそうです。

地道に、ドライバー類を使って、キーボードと本体裏側プラスチック筐体を外していきます。


さあ、パカッと外れてきましたよ。

でも、もうここまで来ると、残りのメーカー保証はなくなりますけど。

ノートパソコン パカッと外れて


バッテリーとハードディスクが見えてきました。

ノートパソコンのバッテリー見えました


この時点で、DVDドライブを引き抜くと、パカッと分離できました。

ノートパソコンの分離


まずは、バッテリーを固定しているネジを外して、バッテリーを引き抜きます。

さあ、問題のSSDですが、標準装備のHDDと同じサイズでしょうか?

ノートパソコンのHDDサイズ


問題無さそうなので、HDDも取り外します。

安売りSSD 1,980円(送料込み)”グリーンハウス SSD 120GB 2.5インチ シリアルATA-III (6Gb/s)対応高速モデル 3年保証 GH-SSDR2SA120”


このSSDとサクッと交換します。

と、言いたいところですが、安売りSSDを元々の純正HDDのクローン化が必要です。

SSDクローン化


先日、Ryzen 5 2600無印 でリニューアルしたタワーPCに、純正HDDと安売りSSDをSATA接続して、

Macrium Reflect Free Edition

を使ってクローンを作ります。


このタワーpcで電源オン

すると、こんな画面が。。。

デバイスを準備しています


そして立ち上がったのは、ヒューレット・パッカードのノートpcのOS orz................


なんだよ! どうして、ブートドライブが変更されちゃうんだよ!!


PC立ち上げ画面でDELキー連打でBIOSに入って、前々から手を焼いていた

ハイカラBIOSと格闘

しながら、ようやくブートドライブも元に戻して、ようやくタワーのOSでReflect 7 が使えるようになりました。


ここで、重要なことは、安売りSSDをフォーマットしないとWindowsでは認識してくれません。

デバイスマネージャー・BIOSでは認識していてもフォーマットしないとダメなんです。

方法は、デスクトップ左下のウインドウズマークを”右クリック”

そして、”コンピューターの管理”を選択。

”ディスクの管理”を選択すると、フォーマットされていないドライブがポップアップされて、

”フォーマットを要求”してきます。

フォーマットには2種類あるのですが、ん~、どっちにしたのかなぁ~ 忘れてしまいましたorz


さて、クローン化ですが、

面倒だったのは、純正HDDが1TB、SSDが120GBと、容量がかなり少なくなるので、

Reflect のおまかせコースでクローンが作れないのです。

純正HDDは、パーテーションが4個あるのですが、おまかせコースだと、

SSDに3個のパーテーションしか作れないから、エラーが出てきてしまって、前に進めません。

windows RE は外さないとクローン出来ない


あれこれいじっているうちに、システムの入っているパーテーションのサイズを小さくすればクローン化が可能なことを発見!


ただ、ちょっと失敗したな、と、思うのは、SSDに未割り当ての500MBぐらいのパーテーションが出来てしまったことです。
                                        50MBでした

まあ、システムリカバリ用のパーテーションを削除するよりも良かったかな?


頑張ってクローンを作ってます

Macrium Reflect Free Edition が、頑張ってクローンを作ってくれています。

このRelfect なのですが、以前は、ダウンロード時にメールアドレスの入力欄に、適当な@の付いた文字列を入力すればダウンロードできたのですが、最新のReflect 7 では、受信可能なメールアドレスの入力が必要になります。

メールアドレス流出のリスクよりも、64bit対応な最新版のReflect 7 を個人的にはオススメいたします。


このクローンSSDをバラバラに分解されたヒューレット・パッカードのノートPCにインスト。

バラバラノートパソコン


バッテリーも取り付け、なんだかんだで、バラバラノートパソコンを組み立てて、

ハラハラ・ドキドキで HP Notebook - 15-db0224au の電源をオン!


あっさりと、元のヒューレット・パッカードのノートPCのようこそ画面でログイン成功。

ただ、どうも、SSDに出来た未割り当てのパーテーションが”D”ドライブと認識しているようで、

今まで、”D”ドライブと認識されていた、外付HDD が”E”ドライブになっとるんです。


まあいいか。

楽曲管理用のソニーXアプリの後継ソフトにバックアップデーターを復元して、

それから、音楽再生ソフト” TuneBrowse r” は、一度、アンインストールしてから、再インストール。


Tune Browser のプレイリストは、面倒くさがりな性格が災いして、もう一度、再構築しました。


気になるWindows10 のライセンス認証も問題なし。

ライセンス認証もオッケー


そして、なぜか理解不能なのですが、中島美嘉のボーカルの透明感が半端なく良くなっているんです。

プラセボ



改修・近代化で、もっさりのヒューレット・パッカード ノートPCが、サブpcだったら、これでオッケー ぐらいにサクサク動くようになりました。


【追記】

ヒューレット・パッカードの純正1TB HDD をケースに入れて、USB接続のバックアップ用HDDにしようと、

ケースを探していたら、

簡単にクローンが出来るんだってさ


簡単にクローンが出来るって。

でも、容量が大きく異なる場合はどうなんでしょうね。


【追記】

ヒューレット・パッカードのノートPCで、ネットサーフィンや回線速度測定など、通常の使用でのタスクマネージャーです。

SSD負荷

CPUは、ギリギリ。

SSDは余裕しゃくしゃく。

検索窓への日本語入力もサクサクです。

耐久性のほどは未知数ですが、わずか、1,980円でイライラ・のっそりヒューレット・パッカード・ノートPCの近代化改修工事は完了です。















スポンサーサイト

 パソコン・スマホ部

0 Comments

Leave a comment

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村
50歳代ランキング