早稲田大学の小林を名乗る電話は、個人情報引き出しの迷惑電話だと思われる - いろいろ    
FC2ブログ

Welcome to my blog

Fuji Sparrow.
I started commuting
by Cross Bike.

自転車通勤とプア・オーディオなあれこれ

21
2019  20:11:46

早稲田大学の小林を名乗る電話は、個人情報引き出しの迷惑電話だと思われる


早稲田大学の小林「もしもし、早稲田大学の小林ですが、お母さんをお願いします。」

俺「はぁ?」

早稲田大学の小林「はぁ?じゃありませんよ。お母さんをお願いします。」

俺「母は同居してませんけど?」

早稲田大学の小林「ブチ」

と、一方的に電話を切られた。

これは、ウチの家庭内部を調べるための迷惑電話だと思われます。

母とは同居しているけど、怪しいので、同居していないと言ったら、詐欺電話がバレたっていう感じですかね?




実は、母には「オレオレ詐欺」の電話が、年に3回ぐらいあります。

ヨドバシ電話詐欺は、

詐欺師「○☓さんのお名前で液晶テレビのご予約が入っておりますが、お間違い無いでしょうか?」

テレビの予約なんかしてないし、ヨドバシがそんな電話してこないし。

俺が、詐欺だよ!詐欺!

と、大声で電話に聞こえるように叫んだら、ブチッと電話を切られました。


警察官を名乗る詐欺電話もありました。

俺「警察署の所属とお名前を教えてください。折返しお電話します。」

詐欺師「○☓警察署・地域安全課の池田と申します。」

俺・○☓警察署に電話を入れて、

俺「今、そちらの地域安全課の池田さんからお電話いただいたのですが?」

○☓警察署「池田という人間は、ウチの警察署に確かにいるのですが、部署が違うんです。」

俺「でしたら、詐欺で間違いないですね?」

○☓警察署「そうです、詐欺です。」



まぁ、こんな感じで、詐欺電話のお多いこと、多いこと。


もし、部屋のピンポンが鳴って、背広の男・二人組がいて、それらしき警察手帳を見せられても、

その警察手帳が本物だっていう証拠が無いから、

そんなときは、

「確認しますので、警察署名・部署名・お名前・拳銃番号の下一桁を教えてください。」

っていって、部屋・家には入れずに、本物の警察官かどうか確認すべきです、絶対に。









スポンサーサイト



 いろいろ

0 Comments

Leave a comment

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車通勤・通学へ
にほんブログ村
50歳代ランキング